世界のおうちごはん〜スペインのクリスマス料理とお菓子〜(12月)


2020年1月よりキャンセル規定が変更になりましたのでご注意ください。

 

1週間~4日前までのキャンセル 

レッスン料金の50%

 

3日前~開催当日 

レッスン料金の100%

 

お席を確保し、スタッフ、講師、材料などを準備してお待ちしておりますので

何卒ご了承の程お願い申し上げます。


【表参道CrossKitchen店舗での講座】

世界のおうちごはん・コンセプト:≪パリとヨーロッパの田舎町で暮らす旅≫をライフワークとする講師が、本場で味わっておいしかった世界のおうちごはんをレッスンします。

 

今月のテーマは・・・♡

【スペインのクリスマス菓子・ボルボロンと、ほっこりスープ&トスターダ】

スペイン・アンダルシア地方で、クリスマス時期に楽しむお菓子「ポルボロン(ポルボローネ)」を作りましょう。ほろっとしていて香ばしい、不思議に美味しい焼き菓子です。

骨付き鶏もも肉を煮込んでスープをとる「ソパ・デ・ピカディージョ」、オリーブオイルの香りが良い「トスターダ」アンダルシアの素朴な2品も一緒に。

ポルボロンはおひとり様10個作成、たっぷりお土産付きです!

 

CrossKitchenでスペインのおしゃれなクリスマスを味わいましょう♩

皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

 

※写真はイメージです。

講座日時 2020年12月15日(火)19時~21時30分
講師 藤山朗子
受講料 6,500円(税込)
講座内容

講師デモンストレーション

参加者実習

ご試食あり

お菓子のお持ち帰り付き

メニュー

・ポルボロン(ポルボローネ)

・ソパ・デ・ピカディージョ

・トスターダ

※多少時間が前後する可能性があります。

※定員に満たない場合は開催中止となる場合がございます。予めご了承ください。詳しくはこちら 

※ご参加時のご注意事項はこちら

※キャンセルポリシーはこちら

 

【メニューのご紹介】

  • ポルボロン(ポルボローネ):スペイン南部・アンダルシア地方でクリスマス時期には欠かせないお菓子です。小麦粉を炒ってから使うので、香ばしい仕上がりになります。ほろっと崩れる食感がくせになるお菓子です。ひとつひとつラッピングして仕上げます。
  • ソパ・デ・ピカディージョ:骨付き鶏モモ肉と生ハムを煮込んでスープを取り、サフランと粒パスタを加えるスープ。ゆで卵をトッピングして食べる、素朴な家庭料理です。ごちそう続きの12月、時にはこんな、ほっとする1皿はいかがでしょう?
  •  トスターダ:表面を焼いたパンにオリーブオイルをたっぷりかけて、トマトペーストと生ハムをトッピング。スペインでは朝食メニューの定番の1品ですが、スープと一緒に召し上がってみてください。

【学べるポイント】

1.クリスマス菓子のバリエーションを増やせます。 

2.旅する気分で楽しめるメニューを学べます。 

3.体に優しいレシピを学べます。

 

[講師]料理研究家 藤山 朗子

J.S.A.ソムリエ|ル・クルーゼ 公認アンバサダー(2019.2~2020.1)|スパイス&ハーブ検定1級|薬膳アドバイザー

2007年より自由が丘で“サロン・ドキュイジーヌ エッセイエ・ヴ”主宰。

フランスが大好きで、パリとヨーロッパの田舎町で暮らす旅をライフワークにしています。

ホームページ

Instagram

Facebook

Facebook