普段使いの洋食レッスン♬(4月)


2020年1月よりキャンセル規定が変更になりましたのでご注意ください。

 

1週間~4日前までのキャンセル 

レッスン料金の50%

 

3日前~開催当日 

レッスン料金の100%

 

お席を確保し、スタッフ、講師、材料などを準備してお待ちしておりますので

何卒ご了承の程お願い申し上げます。


西洋料理(フランス料理、イタリア料理)というと、ちょっと手間のかかる豪華なお料理、というイメージがありますが、このおうち洋食レッスンでは、そういった西洋料理のなかでも、普段のレパートリーに加えていただけるご家庭でも作りやすいメニューをご紹介します。  

 

●学べるポイント!●

1.冷蔵庫・冷凍庫に常備したい調味料、エスカルゴバターの作り方

2.骨付き鶏もも肉の下処理とバターライスの作り方

3.おなじみのクレープを使った簡単なのにワンランク上のデザートの作り方

 

※実習形式:デモンストレーション形式

※写真はイメージとなります。前回の講座の様子などが含まれます。  

 

[講座日時]

2020年4月25日(土)18:00~21:00 ご予約はこちら

 

※多少時間が前後する可能性があります。

※定員に満たない場合は開催中止となる場合がございます。

    予めご了承ください。詳しくはこちら 

※ご参加時のご注意事項はこちら

※キャンセルポリシーはこちら

 

[講座内容]

1.魚介ときのこのエスカルゴバター焼き 

Coquilles St Jacques,crevettes et champignons au Beurre d'escargot

エスカルゴバターは合わせバターの一つで、にんにくやパセリなどいくつかの食材を混ぜて作る、保存がきき、さまざまな食材と相性がいいバターです。

今回はキノコ、魚介と合わせてオーブン焼きにします。

 

2.鶏のバスク風煮込み Poulet saute Basquaise 

バスク地方はフランスとスペインの国境にまたがる地域で、長い歴史の中独立国だった時代もあり、文化・食に特徴があります。

この料理はフランス側バスクの料理で、骨付き鶏もも肉をトマトでシンプルに煮込んだものですが、特産の生ハムの旨味が煮汁に深みを与え、付け合わせのバターライスとの相性も抜群です。同地方特産のエスペレット唐辛子をかけていただきます。

 

3.クレープシュゼット Crepe suzette

19世紀前半に活躍した料理人アンリ・シャルパンティエが、モナコ のカフェ・ドゥ・パリというレストランで働いていた頃考案し提供した、シュゼット嬢のクレープという名のデザート。クレープ生地をキャラメル風味のオレンジソースで煮て仕上げます。

 

[講師]

料理教室La saveur主宰 青野晃子

エコール辻東京フランス・イタリア料理専門カレッジ卒、ル・コルドンブルー東京料理ディプロム取得、ツヴィリングJ.Aヘンケルスジャパン㈱Staub料理教室講師・デモンストレーター、食育インストラクター、日本ソムリエ協会ワインエキスパート。 

 

ホームページ 

Instagram

ブログ

 

 [参加料金]6,500円(税込)

 

2020年4月25日(土)18:00~21:00 ご予約はこちら